Posted in Technical knowledge

melで多重配列っぽいことをしてみる!

おはこんばんちわ。体が硬くて正座ができません・山本ほっさんです。 今回はAutodesk Maya®のスクリプト言語であるmelにて「多重配列」的な実装の例をご紹介したいと思います。 そもそも多重配列とは… 本題の前に、…

Continue Reading... melで多重配列っぽいことをしてみる!
Posted in Technical knowledge

Autodesk製melコードを読み解く~AnimLayerEditor編~

おはこんばんちわ、ミカンは大体一口で食べます・山本ほっさんです。 Autodesk Maya®のスクリプト言語として知られるmel(Maya Embedded Language)ですが、実はMaya自体の多くの機能やUI…

Continue Reading... Autodesk製melコードを読み解く~AnimLayerEditor編~
Posted in Rigging Technical knowledge

前後左右の動きに分解してスカートのリグを作ってみる

こんにちは、ガレージキット好きの新人、石垣です。 今回は、Autodesk Mayaにおけるスカートなどのめり込み回避用のリギングの際に、私が行った実装方法の例をご紹介いたします。 スカートのめり込み回避のため、足の挙動…

Continue Reading... 前後左右の動きに分解してスカートのリグを作ってみる
Posted in Technical knowledge

表示されないMelコマンドを知る方法:中級編

クリーク・アンド・リバー社 COYOTE CG STUDIO テクニカルチームの敵か味方か迷う武将といえば松永弾正、戦国大好き人間の中林です。 過去のブログ「Mel スクリプトエディタに表示されないコマンドを知る方法:初…

Continue Reading... 表示されないMelコマンドを知る方法:中級編
Posted in Motion Technical knowledge

ブレずに伸びるSplineIKリグを作ってみる!

この記事はMaya Advent Calender 2019の24日目の記事です。 おはこんばんちわ。 手近にコーヒーがないと落ち着きません、山本ほっさんです。 今回はAutodesk Maya®において、伸縮するSpl…

Continue Reading... ブレずに伸びるSplineIKリグを作ってみる!
Posted in Technical knowledge

表示されないMelコマンドを知る方法:初心者編

クリーク・アンド・リバー社 COYOTE CG STUDIO テクニカルチームの戦国時代に実在していて驚いた武将と言えば山本勘助、戦国大好き人間の中林です。 今回は作業中にふと思いだした、本当に初心者向けのネタです。僕が…

Continue Reading... 表示されないMelコマンドを知る方法:初心者編
Posted in Motion Technical knowledge

マトリクスを使ったポーズ・モーションの左右反転

おはこんばんちわ。 ホラーが苦手・山本ほっさんです。 今回は、モーションアーティストさんから特に要望の多い「ミラーポーズ」や「ミラーモーション」のAutodesk Maya®における対応事例についてご紹介いたします。 し…

Continue Reading... マトリクスを使ったポーズ・モーションの左右反転
Posted in Technical knowledge

日本語optionVarはTAを恐怖のドン底に叩き込んだ!

クリーク・アンド・リバー社 COYOTE CG STUDIO テクニカルチームの好きなゴジラといえばシンゴジラ、戦国大好き人間の中林です。 今回は技術的な話ではありません。公式のoptionVarでもこんなことがあるんだ…

Continue Reading... 日本語optionVarはTAを恐怖のドン底に叩き込んだ!
Posted in Technical knowledge

Melだけでクォータニオンを簡単に使う方法

クリーク・アンド・リバー社 COYOTE CG STUDIO テクニカルチームの戦国時代の先を見つめていたと思う武将は徳川家康、戦国大好き人間の中林です。 今回はクォータニオンの話だけど、クォータニオンの中身の話ではあり…

Continue Reading... Melだけでクォータニオンを簡単に使う方法
Posted in Motion Technical knowledge

コントローラーの一時的なワールド挙動化

今回はアニメーション制作で、揺れモノなどでよく使用される ”一時的なワールド挙動化”についてお話いたします。 末端の子になりやすい揺れモノは、親の動きを拾ってしまい、意図した動きを作成しづらくなりがちです。 そこで、”一…

Continue Reading... コントローラーの一時的なワールド挙動化